最 近 

     
  講演者; 所属機関、氏名     講演内容  
     
第58回  2017年5月23日  (火)
特許業務法人
セントクレスト国際特許事務所
代表社員、副所長
バイオ・医薬部門長
橋本 一憲
ゲノム編集技術の海外基本特許と国家戦略 −内閣府戦略的イノベーション創造プログラムより−
株式会社バイオパレット 神戸大学大学院
科学技術イノベーション研究科
バイオ生産工学研究室
教授 西田 敬二
DNA塩基を書き換えるゲノム編集技術の開発
エディットフォース株式会社 代表取締役社長
中村 崇裕
DNA、RNAの両方を操作する次世代型ゲノム編集技術の開発
公益財団法人
実験動物中央研究所
マーモセット研究部
応用発生学研究センター
佐藤 賢哉
コモンマーモセットを対象としたゲノム編集技術による疾患モデルの作製と展望
株式会社セツロテック
代表取締役
徳島大学先端酵素学研究所
発生生物学分野
教授 竹本 龍也
受精卵エレクトロポレーションによるゲノム編集マウス作製法
第57回  2017年2月23日  (木)
国立研究開発法人 理化学研究所 グローバル研究クラスタ
理研-マックスプランク連携研究センター
システム糖鎖生物学研究グループ
疾患糖鎖研究チーム
グループディレクター
谷口 直之
Alzheimer 病、COPD、脂肪肝における糖鎖の役割と糖鎖創薬への展望
グライコバイオマーカー・リーディング・イノベーション株式会社 代表取締役CEO
竹生 一行
同 取締役CTO、
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 糖鎖技術研究グループ
上級主任研究員
久野 敦
独自開発プラットフォームに基づく糖鎖バイオマーカー探索と実用化
株式会社免疫生物研究所 取締役 遺伝子組換え
カイコ事業部長
冨田 正浩
糖鎖構造に特徴を有するタンパク質生産宿主としての遺伝子組換えカイコ
NapaJenPharma, Inc. President & CEO
安藤 弘法
核酸と多糖の高分子複合体を用いた全身性DDS 技術と実用化研究開発
第56回  2016年11月21日  (月)
テオリアサイエンス株式会社 執行役員
園田 光
エクソソーム研究に基づく新たな医薬・診断薬の開発
IDACセラノスティクス株式会社 代表取締役社長
伊藤 哲
創薬バイオベンチャー企業を目指して - 抗CD4抗体開発他 -
ノイルイミューン・
バイオテック株式会社
代表取締役社長
石ア 秀信
固形がんに対する次世代型CAR-Tの治療戦略
レグセル株式会社 代表取締役
松田 直人
免疫系コントロールによる新たな医療創出へのチャレンジ
第55回  2016年8月30日  (火)
インタープロテイン株式会社 取締役 最高科学責任者
兼 事業開発本部長
小松 弘嗣
難度の高い様々な種類の蛋白質間相互作用(PPI)標的を2つのプラットフォーム技術で戦略的に制御する
株式会社 PRISM BioLab 代表取締役
小路 弘行
Unstructured/Structured Interactionを標的にした創薬
株式会社
スリー・ディー・マトリックス
事業開発部
松田 範昭
自己組織化ペプチドによる核酸DDSへのアプローチ
ペプチドリーム株式会社 取締役 最高執行責任者
舛屋 圭一
特殊ペプチドを基盤とした創薬研究開発のパラダイムシフト
第54回  2016年5月31日  (火)
公益財団法人 微生物化学研究会
微生物化学研究所
第2生物活性研究部
部長
五十嵐 雅之
微生物化学研究所における天然物創薬について
北里大学薬学部
微生物薬品製造学研究室
教授
供田 洋
微生物由来脂質代謝阻害剤からの創薬への挑戦
東京大学大学院総合文化研究科
広域科学専攻生命環境科学系
准教授
浅井 禎吾
休眠遺伝子を活用する天然物探索:
新しいケミカルスペースを求めて
国立研究開発法人
日本医療研究開発機構
創薬支援戦略部
東日本統括部
藤江 昭彦
天然物からの医薬品を生み出すための産学官連携体制の進め方- 製薬企業はアカデミア発天然物シーズをどう活用していくのがよいか? -
第53回  2016年2月25日  (木)
大阪大学大学院薬学研究科
附属創薬センター
特任助教
伊藤 浩介
核酸医薬品の品質及び非臨床安全性評価に関する現状と課題
株式会社ボナック 取締役 医薬開発戦略本部
本部長 豊福 秀一
ボナック核酸による医薬品開発の可能性
株式会社リボミック 取締役 探索研究部長
宮川 伸
RNAアプタマー医薬品の現状と今後の展望
レナセラピューティクス株式会社 代表取締役社長
矢野 純一
ルネサンスとなるか? これからの核酸研究開発展望
第52回  2015年11月25日  (水)
大塚製薬株式会社
佐賀栄養製品研究所
主任研究員
内山 成人
ヒト腸内細菌によって生成されるエクオールの基礎研究と臨床応用
株式会社メタジェン 取締役副社長CTO
山田 拓司
ヒト腸内環境のデザインに向けて
株式会社サイキンソー 代表取締役
沢井 悠
個人向け腸内細菌叢検査業務に関する展望
順天堂大学
医学部消化器内科
助教
石川 大
潰瘍性大腸炎に対する抗菌剤併用便移植療法の有効性の検討
第51回  2015年8月25日  (火)
Delta-Fly Pharma株式会社 代表取締役社長
江島 清
Module Technology for Oncology Drug Discovery
株式会社
アネロファーマ・サイエンス
代表取締役
三嶋 徹也
固形癌の低酸素環境をターゲットする
“In Situ Delivery And Production System”の進展
株式会社ティムス 代表取締役社長
蓮見 惠司
新規脳梗塞治療薬TMS-007の発見と開発
五稜化薬株式会社 代表取締役
丸山 健一
蛍光プローブのがん検出薬への応用
第50回  2015年6月2日  (火)
日本医療研究開発機構(AMED) 国立研究開発法人
日本医療研究開発機構
戦略推進部 再生医療研究課長
宅間 裕子
<今後の活動方針について>
サイトリ・セラピューティクス
株式会社
学術部 アソシエイト
戸高 宏
脂肪組織由来再生(幹)細胞を用いた再生医療 -未来を見据えて‐
株式会社IDファーマ 取締役社長
朱 亜峰
再生医療の早期の実用化に貢献して -IDファーマの取り組み-
レジエンス株式会社 代表取締役社長
村山 正憲
レジエンスの事業戦略
第49回  2015年3月2日  (月)
タカラバイオ株式会社 プロジェクト推進部
部長
木村 正伸
タカラバイオのがん治療を意図した再生医療等製品の開発プログラムについて
ナノキャリア株式会社 研究部
部長
緒方 嘉貴
高分子ミセル製剤の開発現況と今後の展開
株式会社
ペルセウスプロテオミクス
取締役
CTO
須藤 幸夫
新規抗体医薬:Armed抗体
東京大学医科学研究所
先端医療研究センター
先端がん治療分野
教授
藤堂 具紀
ウイルスを用いたがん治療 ―最近の進展
第48回  2014年11月21日  (金)
味の素株式会社 研究開発企画部
総合戦略グループ 専任課長
野口 泰志
血中アミノ酸プロファイルを活用した新規疾病リスク評価法の展開
東レ株式会社 先端融合研究所・(独)国立がん研究センター 研究所
主席研究員・客員研究員
滝澤 聡子
体液中マイクロRNAによるがん検査の可能性
SCIVAXライフサイエンス株式会社 執行役員 販売営業部長
水野 篤志
3次元培養を用いたin vitro アッセイの利点と最新の取り組み
イマジナブジャパン株式会社・筑波大学医療系 代表取締役・客員教授
西村 伸太郎
低分子化抗体がもたらす画像診断、治療創薬へのインパクト
第47回  2014年8月26日  (火)
株式会社LSIメディエンス 創薬支援事業本部
先端事業推進室 副本部長 室長
井上 裕章
ヒトiPS細胞由来の心筋細胞を用いた医薬品の心臓毒性評価
株式会社ツーセル 営業学術部
鈴木 輔
間葉系幹細胞(”gMSC”)を用いた再生医療事業
iHeart Japan 株式会社 代表取締役社長
角田 健治
心臓移植を代替し得る次世代医療を開発する
独立行政法人
国立成育医療研究センター
副所長 再生医療センター
センター長
梅澤 明弘
再生医療新法に則った新たな枠組み
第46回  2014年5月19日  (月)
株式会社 Clio 代表取締役
吉田 正順
Muse細胞を用いた再生医療について
九州大学大学院薬学研究院
革新的バイオ医薬創成学
教授
米満 吉和
難治性悪性腫瘍用自家細胞ワクチン製剤の開発
株式会社糖鎖工学研究所 代表取締役社長
朝井 洋明
第二の選択肢、化学的アプローチによるバイオ医薬生産技術
P5株式会社 代表取締役社長
大塚 博正
ゲノム情報プラットフォーム事業を手掛けるP5株式会社の概要
第45回  2014年2月12日  (水)
クオンタムバイオシステムズ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
本蔵 俊彦
革新的1分子DNA/RNAシークエンサーの開発
株式会社 ボナック 常務取締役
研究開発戦略本部長
大木 忠明
新規RNA医薬品の研究開発
バイオインフォビジョン
株式会社
代表取締役
安河内正文
個人のゲノム情報を活用する未来−Nextcode health(旧deCODE)との「はじめの一歩」 −
株式会社ジーンテクノ
サイエンス
執行役員 長谷川嘉一 新型バイオベンチャーGTSの横顔
第44回  2013年11月25日  (月)
株式会社シリコンバレーテック CEO 橋本 康弘
(株式会社メディビックグループ創業者)
バイオ・ゲノム技術の急速な進歩の要因と今後の展望
−米国特許戦略と研究開発資金の流れを分析して−
株式会社サイトパスファインダー 研究部部長
吉川 智啓
新規創薬ターゲット探索、及び検証における高効率固相系トランスフェクション技術の可能性
株式会社スタージェン 会長 鎌谷 直之 創薬は、したい人よりできる人
ジェネシスヘルスケア株式会社 取締役 佐藤 バラン 伊里 遺伝子ビジネスの今後の展開
第43回  平成25年8月26日  (月)
東レ株式会社 新事業開発部門 主任部員
 近藤 哲司
血漿・血清からのマイクロRNA解析によるバイオマーカー探索
九州大学大学院 農学研究院 生物機能分子化学講座 教授
久原 哲
がんワクチン療法適確性予測バイオマーカーの開発
DNAチップ研究所 取締役名誉所長
松原 謙一
未病社会における診断:GenotypingとPhenotypingの共役について
第一三共株式会社 研究開発企画部 主席
神戸大学医学部 客員教授
久留米大学医学部 客員教授
佐藤 督
産学官連携による希少疾患治療薬の開発を目指して
第42回  平成25年5月21日  (火)
株式会社産業革新機構 戦略投資グループ 執行役員
マネージングディレクター
 佐藤 太郎
産業革新機構のライフサイエンス分野におけるオープンイノベーションの取り組みについて
株式会社キノファーマ 代表 黒石 真史
顧問 澤田 照夫 **
主任研究員 山本 誠
**京都大学大学院医学研究科
形態形成機構学教室 研究員
新規機序に基づく治療薬の開発:アルツハイマー病治療薬と抗DNAウイルス薬
株式会社ケイティーバイオ 代表取締役
津坂 憲政
関節リウマチの新規バイオマーカーと治療薬
横浜市立大学大学院 医学研究科 循環制御医学 教授
石川 義弘
造船業の技術転用による薬剤の磁性化−磁性タキソールの開発−
第41回  平成25年2月13日  (水)
日立化成株式会社 主任研究員
 井筒  浩
個別化医療に貢献する新しい血中mRNAバイオマーカー
株式会社ミルテル 取締役
 田原 栄俊
テロメア・マイクロRNAによる次世代がんリスク診断
エムバイオテック株式会社 代表取締役
 松田 和洋
急性から慢性の多彩な症状を呈し難病化するマイコプラズマ感染症のコンパニオン診断薬
株式会社プロトセラ 代表取締役社長
 田中 憲次
バイオマーカーペプチドの臨床展望;発見から体外分子診断法の開発へ
第40回  平成24年11月12日  (月)
株式会社クロモリサーチ 代表取締役
池野 正史
染色体工学を利用した実用的培養細胞の構築
株式会社ジーンデザイン 学術営業部 部長
 佐藤 秀昭
日本発の核酸医薬創薬を支える製造技術開発と物性評価法の検討
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカルゲノム専攻 医用機能分子工学分野 準教授
和田 猛
医薬品を志向した機能性キラル核酸の創成
株式会社ジーンケア研究所 代表取締役会長
古市 泰宏
副作用の少ない抗がん剤を目指してsiRNA抗がん剤の創薬
第39回  平成24年8月22日  (水)
株式会社サイフューズ 代表取締役社長
   口石 幸治
立体組織再生の新たなプラットフォーム技術
セルジェンテック株式会社 代表取締役社長
   麻生 雅是
疾病治療タンパク質分泌加工ヒト脂肪細胞を用いた難病治療へのアプローチと将来構想
株式会社日本網膜研究所 代表取締役社長 兼 CEO
   鍵本 忠尚
世界初iPS細胞由来製品のグローバル臨床治験計画
株式会社リプロセル 取締役 CTO
   淺井 康行
ヒトiPS細胞由来機能細胞の創薬研究での応用
第38回  平成24年5月16日  (水)
北海道臨床開発機構 TTR統括部 部長
   佐藤 典宏
TR拠点連携推進室 室長
   永井 栄一
基礎から臨床・実用化へ、橋渡し研究の概要報告
(独)医薬品医療機器総合機構 審査マネージメント部
薬事戦略相談室 室長代理
   安藤 剛
薬事戦略相談について
株式会社セルシード 知的財産部長
   坂井 秀昭
細胞シート工学による再生医療の実現に向けて
株式会社リボミック 代表取締役社長
   中村 義一
次世代医薬としてのRNA
第37回  平成24年2月14日  (火)
カルナバイオサイエンス株式会社 創薬研究部長
   澤 匡明
キナーゼプロファイリングを活用したキナーゼ阻害薬の開発
大阪府立成人病センター

株式会社ルネッサンス・エナジー・インベストメント
部長
   井上 正宏

代表取締役社長
   一本松 正道

初代がん細胞培養法の技術革新と応用
CTOS技術のライセンス戦略
広島バイオメディカル株式会社 代表取締役社長
   豊浦 雅義
ニワトリモノクローナル抗体を活用した臨床応用研究戦略
SBIバイオテック株式会社 代表取締役社長CEO
   新井 賢一
革新的な免疫医薬品の開発をめざすSBIバイオテックの戦略と 日本・アジアのバイオ産業
第36回  平成23年11月21日  (月)
(株)エヌビィー健康研究所 代表取締役
   高山 喜好
呼吸器疾患治療薬を目指した機能性抗GPCR抗体の開発
(株)ステリック再生医科学研究所 取締役研究開発副本部長
   柴崎 友一朗
新規NASHモデルマウスを用いた創薬支援
−STAM Miceの特長と利用法−
(株)プロテイン・エクスプレス 取締役副社長
   高木 広明
抗原結合により蛍光を発する抗体断片「Q-body」による迅速・簡便な検査システム
オンコリスバイオファーマ(株) 取締役 事業開発部長
   樫原 康成
ウイルスを利用した全く新しい血中循環癌細胞の検出
第35回  平成23年5月18日  (水)
SBI アラプロモ株式会社 取締役 執行役員 CTO 田中 徹
5-アミノレブリン酸を用いたがんの光動力学的診断(PDD)、治療(PDT)、スクリーニング(PDS)
インタープロテイン株式会社 代表取締役社長
   細田 雅人
新しい創薬モデルの確立を目指して−蛋白質間相互作用の低分子制御薬の開発−
独立行政法人医薬基盤研究所 幹細胞制御プロジェクト プロジェクトリーダー 川端 健二 ヒト iPS 細胞から成熟肝細胞への分化誘導法の開発
株式会社理研ジェネシス
代表取締役社長
   塚原 祐輔
オーダメイド医療実現の基盤技術開発と BGI との次世代シークエンス提携
第34回  平成22年11月16日  (火)
片山化学工業株式会社 R&Dセンター・所長
   五十嵐 貢一
リポソームを用いたin vivoイメージング試薬の開発
株式会社リブテック(LivTech, Inc.) 代表取締役社長
   中村 康司
幹細胞研究からの創薬
〜抗癌治療抗体への応用〜
東海大学医学部(分子神経科学)教授、オタワ大学医学部小児科学 教授 潟jュージェン・ファーマCEO
   池田 穰衛

筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬の開発
プロテウスサイエンス株式会社
取締役・事業開発担当
   大矢 行夫
BBBを越える機能を持つBTペプチドの治療薬への応用
第33回  平成22年8月24日  (火)
株式会社 エムズサイエンス 常務取締役 研究開発本部長
   佐藤 若生
シグマ受容体を標的とした中枢神経変性疾患治療薬の開発
徳島大学
疾患酵素学研究センター
疾患プロテオミクス研究部門 教授
   谷口 寿章
タンパク質の生理的翻訳後修飾と望まれざる非生理的修飾の解析
農林水産省農林水産技術会議事務局

独)農業生物資源研究所
研究調整官
   高野 誠

遺伝子組換え作物開発センター長
   高岩 文雄

スギ花粉症の経口ペプチドワクチン米の開発
〜 農林水産省における新たな取組について 〜
株式会社レグイミューン
代表取締役社長
   森田 晴彦
免疫制御技術reVaxとそれを用いた医薬品の開発
第32回  平成22年5月19日  (水)
株式会社セルイノベーター 代表取締役社長
   小野 祥正
遺伝子発現解析と遺伝子ネットワーク解析サービスのご紹介
(独) 国立成育医療研究センター研究所生殖医療研究部 部長
   梅澤 明弘
国立成育医療研究センターにおける再生医療、細胞治療研究の取り組み
九州大学大学院医学研究院 循環器内科学准教授
   江頭 健輔
「血管内皮細胞選択的ナノDDS技術」を基盤とする革新的低侵襲治療的
血管新生療法の実現のための橋渡し研究
鳥取大学
大学院医学系研究科教授
染色体工学研究センターセンター長
   押村光雄
ヒト人工染色体−遺伝子再生医療,医薬品開発への無限の可能性−
第31回  平成21年11月16日  (月)
株式会社
バイオマーカーサイエンス
代表取締役社長CEO
   内田 景博
個の医療、バイオマーカーにできること
国立成育医療センター研究所免疫アレルギー研究部 アレルギー研究室室長
   松本 健治
アレルギー性皮膚疾患素因判定マーカー及びそれらの使用法
ペプチドリーム株式会社 代表取締役CEO
   窪田 規一
新しい創薬システムを目指す
(RAPID Systemの可能性)
株式会社ハイペップ研究所 代表取締役・最高科学責任者
   軒原 清史
生体の分子認識に基づく、ライブラリ−デザイン・合成と創薬・検査・診断への応用
第30回  平成21年8月25日  (火)
株式会社
 グリーンペプタイド
事業開発部長
  吉田 啓造
テーラーメイド型がんペプチドワクチン(ITK-1)の研究開発
国立医薬品食品衛生
 研究所
薬理部 第一室長
  佐藤 薫
新規グルタミン酸トランスポーター調節物質の開発
株式会社バイオマトリックス 研究所プロテオーム事業部
 部長
  梶田 忠宏
=セリクシスを用いた抗体作製=
(免疫法と抗体スクリーニング法について)
株式会社
 イーベック
代表取締役会長
北海道大学遺伝子病
制御研究所教授
  高田 賢蔵
ヒト血液リンパ球をソースとする高活性抗体作製技術について
第29回  平成21年5月20日  (水)
株式会社
   UMNファーマ
代表取締役社長
  金指 秀一
BEVS技術による遺伝子組換型新型インフルエンザワクチンの製造と開発
北海道大学
遺伝子病制御研究所
研究所長・教授
  上出 利光
細胞外マトリックスとその受容体から見た創薬ターゲット
東レ株式会社
 先端融合研究所
主席研究員
  井田 伸夫
逆ミセルナノ粒子凝集体を用いた
      バイオ医薬DDS技術の開発

国立がんセンター
   東病院
臨床開発センター
がん治療開発部 部長
  松村 保広

がん治療におけるDDS
第28回  平成20年11月12日  (水)
株式会社 ビークル 代表取締役社長
  郷 保正
バイオナノカプセルを利用したDDS技術の開発
株式会社
ジャパン・ティッシュ・エンジニヤリング(J-TEC)
研究開発部
皮膚・角膜クラスター マネージャー
  井家 益和

再生医療の産業化
  自家培養表皮「ジェイスR」の開発を中心に
国立成育医療センター
研究所
免疫アレルギー研究部
部長
  斎藤 博久
近未来のアレルギー疾患標準治療法とその研究開発戦略

ディナベック株式会社
取締役 
研究開発部長
  井上 誠

ディナベックのベクター技術と遺伝子医薬品開発
第27回  平成20年 8月26日  (火)
株式会社
ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ
執行役員 兼
研究開発本部本部長
  発 正浩

生物資源探索(Bio-Prospecting) ベンチャー

国立感染症研究所
エイズ研究センター室

室長
  武部 豊
(1)エイズおよびエイズ関連疾患 (HCV)に対する
  新規治療薬開発の最新動向
(2)新しいクラスの低分子HCVエントリー阻害剤
  の同定とその作用機構に関する解析
ジェイファーマ
     株式会社
代表取締役
杏林大学名誉教授
  遠藤 仁

“ がん細胞の兵糧攻め ”新薬の開発
第26回  平成20年 5月21日  (水)
株式会社 プロトセラ 代表取締役社長
  田中 憲次
バイオマーカー開発戦略
  ―新規オミックスとその解析技術―
株式会社
  バイオメッドコア
代表取締役
  佐藤 雄一郎
糖鎖被覆リポソームのDrug DeliverySystem
およびTh1ワクチンアジュバントとしての開発
国立がんセンター
       研究所
生化学部 室長
  土屋 直人
microRNAの機能異常と発がん
―発がんの分子機構解明と臨床応用の可能性
株式会社
  オンコレックス
執行役員 研究部長
兼 研究所長
  三谷 康正

分子標的に基づく疾患予防・治療
第25回  平成20年 2月19日  (火)

ヤマハ発動機
      株式会社
ライフサイエンス
   事業推進部
営業グループリーダー
栄養情報担当者(NR)
 主査  菅野 忠臣

ヤマハ発動機のライフサイエンス事業について
株式会社ProbeX 取締役
  岡本 将
新規光プローブが拓く生体分子イメージング
独立行政法人
   医薬基盤研究所
基盤研究部
 免疫シグナルプロジェクト
主任研究員
 世良田 聡
SOCS(suppressor of cytokine signaling)分子の癌治療への応用
株式会社
  ダナフォーム
研究開発部長
 三谷 康正
新規遺伝子診断技術SMAP法
第24回  平成19年11月28日  (水)
熊本大学 大学院 自然科学研究科
准教授
 森村 茂
エタノール発酵醪(もろみ)から単離したアポトーシス誘導物質の作用機構と構造解析
国立精神・神経センター 免疫研究部長
 山村 隆
自己免疫病におけるパラダイムの変化と新しい治療標的
Napa Jenomics
 株式会社
代表取締役
 安藤 弘法
多糖シゾフィランを用いた核酸医薬のAPCへのデリバリー
株式会社
 ジーンケア研究所
代表取締役社長
 六川 玖治
当社の創薬事業戦略
第23回  平成19年8月28日  (火)
株式会社
 アフェニクス
代表取締役社長
 加納 信吾
慢性炎症治療薬のシーズ紹介
アンチキャンサー
 株式会社
カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部外科学科教授
アンチキャンサー株式会社・最高経営責任者
 Dr. Robert M. Hoffman
In vivo molecular imaging with fluorescent proteins:
  A new paradigm for drug discovery
国立国際医療センター研究所 血液疾患研究部長
 湯尾 明
ヒトES細胞を用いた再生医療の展開
 −血液細胞、血管内皮細胞を中心に−
アンジェスMG
 株式会社
代表取締役社長CEO
 山田 英
アンジェスMGにおける事業展開
第22回  平成19年5月22日 (火)
株式会社
 プライマリーセル
専務執行役研究所長
 平 敏夫
初代培養細胞を用いた創薬支援
−特にメタボリックシンドローム関連医薬品・食品開発に向けて−
株式会社 山武 研究開発本部
エマージングテクノロジーセンタ プロジェクトマネージャー
 堀口 康子
PGx実現に向けて
−フォーカスカスタムチップの可能性を探る−
国立感染症研究所 病原体ゲノム解析研究センター センター長
 神田 忠仁
発癌性ウイルスに対するワクチ戦略
−HPVワクチンを中心にして−
株式会社
イミュノフロンティア
代表取締役社長
 菱田 忠
新世代型ヘルパー増強がんワクチン
[ CHPワクチン ]の開発
第21回  平成19年2月20日 (火)
株式会社
 ハプロファーマ
代表取締役社長
 根本靖久
ハプロファーマが次世代高効率高精度SNP解析技術(EG法)で展開するテーラーメードビジネスの将来像
アリジェン株式会社 代表取締役  所 透 創薬ベンチャー−無限の可能性−
国立長寿医療センター研究所 副所長  柳澤勝彦 アミロイドを標的としたアルツハイマー病治療薬開発戦略
株式会社ジェノラックBL 代表取締役
 瀬脇智満
新規乳酸菌表層ディスプレイ技術を用いた感染症防御のための経口粘膜ワクチンの開発
第20回  平成18年11月28日(火)
セルジェンテック株式会社 代表取締役社長
 麻生雅是
遺伝子治療用脂肪細胞の医薬品開発に向けて
株式会社
 生物学応用研究所
代表取締役
 西園啓文
大学に眠る有用ヒト疾患モデルマウスの掘起こしと有料再分配事業−世界トップレベルの精子凍結技術ノウハウをコアとして−
国立医薬品食品衛生研究所 衛生微生物部
 杉山圭一
エンドトキシン刺激阻害活性を示す新規TLR4結合性ペプチド−敗血症治療薬への応用に向けて−
株式会社ビーグル 研究所長
 日詰信吾
ピンポイントデリバリーを可能にするバイオナノカプセルの開発
第19回  平成18年8月29日(火)
株式会社DNAチップ研究所 社長  松原謙一 高感度DNAチップを用いた臨床研究
国立がんセンター研究所 化学療法部  部長
 山田哲司
プロテオーム解析を用いた発癌の分子機構解明と新しい診断法の開発
プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 執行役員  営業本部事業企画部長
 住谷知明
バイオ研究/診断の全自動化に向けたソリューションの提供−ベンチャー企業の事業戦略−
薬効ゲノム情報株式会社 代表取締役社長
 伊藤継孝
テーラーメイド医療の実現を目指して−医療機関ネットワークの構築・導入と遺伝子解析の実施−
第18回  平成18年5月12日(金)
株式会社
 カイオム・バイオサイエンス
代表取締役
 藤原正明
ADLib R 法による抗体医薬品開発の革新
国立長寿医療センター研究所 所長  田平 武 アデノ随伴ウイルスベクターを用いたアルツハイマー病の経口ワクチン
サミット・グライコリサーチ株式会社 製品開発部長
 岡本英治
人工レクチンライブラリーと糖鎖改変技術が実現する糖鎖創薬ソリューション
ワイズセラピューティックス株式会社 代表取締役CEO
 加藤伸朗
ワイズセラピューティックス株式会社の事業展開
第17回  平成18年2月14日(火)
国立循環器病センター研究所 薬理部部長
 南野直人
生体内ペプチドに基づく創薬や診断法の開発を目ざして
株式会社蛋白科学研究所 研究所長
 岡田秀親
敗血症治療特効薬としてのC5a阻害ペプチド
株式会社創晶 代表取締役社長
 安達宏昭
創薬のための新しい結晶育成技術
 −異分野連携が生んだ結晶成長のブレークスルー−
株式会社
 総合医科学研究所
代表取締役社長 兼 CEO
 梶本佳孝
医療改革時代の新規トクホ開発
第16回  平成17年11月15日(火)
株式会社ノバスジーン 代表取締役社長
 牧野 徹
一分子蛍光検出装置を用いた生体分子計測
国立成育医療センター 生殖医療研究部長
 梅澤明弘
再生医療・細胞治療にかかわるバイオリソースとデバイス
エルエスピー有限会社 バイオ・医薬事業部長
  難波田武男
三次元細胞培養による軟骨再生医療の実現
広島県産業科学技術研究所 主任研究員
 冨田正浩
トランスジェニックカイコを用いた組換えタンパク質の生産
第15回  平成17年8月30日(火)
株式会社キャンバス 代表取締役副社長
 菅沼正司
CanBas
 −細胞周期G2期チェックポイント阻害剤の開発−
株式会社ジェノメンブレン 代表取締役社長
 薮内 光
薬剤輸送性トランスポーターを応用した新しい創薬戦略
株式会社
 エンバイオテック・ラボラトリーズ
代表取締役
 水上春樹
核内受容体をターゲットとした効率的な創薬スクリーニング法
株式会社サイトパスファインダー 代表取締役社長 兼 CEO
 藤田芳司
RNA干渉技術と医薬品研究開発
第14回  平成17年5月17日(火)
株式会社ジェノファンクション 代表取締役
 野沢 厳
二本鎖DNAを原料としたsiRNA発現ベクターの作製とその応用
株式会社ポストゲノム研究所 代表取締役社長
 村井 深
医薬品開発の初期リスクを低減するポストゲノムビジネスの展開
株式会社エフェクター細胞研究所 事業開発部部長
 小野 稔
細胞走化性から見た創薬のスクリーニングシステム
株式会社イーベック 代表取締役会長
 高田賢蔵
創薬用の完全ヒト抗体の活用について
第13回  平成17年2月17日(木)
東京大学大学院
  工学系研究科
化学生命工学専攻 教授
 多比良和誠
小さなRNA創薬
クリングルファーマ株式会社 代表取締役社長
 岩谷邦夫
NK4−癌の凍結・休眠療法を目指して
国立精神・神経センター神経研究所 室長  北條浩彦 リアルタイムPCRを応用したゲノムメチル化の定量法
ヒュービット ジェノミクス株式会社 代表取締役社長
 一圓 剛
ベンチャーだからできる創薬開発手法
−アドレノメジュリンと糖尿病診断キット−
第12回  平成16年11月18日(木)
ディナベック株式会社 代表取締役社長
 長谷川 護
新規ベクタープラットフォームを活用した遺伝子医薬と一般創薬支援事業
PubGene AS Head of Marketing and Sales
  Dmitrii G. Rodionov
PubGene:your partner in genomic, proteomic, and drug discovery studies
国立感染症研究所 遺伝子解析室室長
 神田忠仁
ヒトパピローマウイルス感染予防ワクイン抗原
株式会社トランスアニメックス 取締役 CSO  北田一博 ラット病態モデルの開発と副作用予測システムの構築
第11回  平成16年8月24日(火)
株式会社カナレッジ 代表取締役 CEO
 中江裕樹
テキストマイニング技術を利用した化合物情報の統合
独立行政法人国立健康・栄養研究所 室長  矢野友啓 コネキシン遺伝子の癌抑制機能とその機能を用いた癌予防・治療法の開発の可能性
株式会社バイオセレンタック 会長   高田寛治 経口デリバリー用アシンメトリーミリ、マイクロカプセル
SanBio, Inc. CEOf  森 敬太 CNS再生細胞薬開発と創薬プラットフォームへの応用
第10回  平成16年5月13日(木)
旭硝子株式会社 ASPEX事業推進部開発
センター プロダクショングループ
 礒合 敦
旭硝子における組換えタンパク質製造技術
−産業用酵素、バイオ医薬品の製造−
国立精神・神経センター
  神経研究所
室長  北條浩彦 改良siRNA分子を用いた遺伝子発現抑制と応用
株式会社オキシジェニクス 代表取締役社長
  高木智史
バイオイメージングを応用したリポソーム製剤システムと実例としての緊急用酸素輸液開発の現状
株式会社エムズサイエンス 代表取締役  三田四郎 中枢神経疾患治療薬および癌治療用ウイルスの創製
第9回  平成16年2月17日(火)
ジェノミディア株式会社 代表取締役社長
 小谷 均
バイオブーム:GenomIdeaの挑戦
株式会社カルディオ 代表取締役社長
 吉田耕治
心臓再生医療へのカルディオの取組み
愛知医科大学 助教授  呉 孟達 イビキ症や鼻アレルギー等に対する粘膜組織収縮性治療剤の開発ならびにその臨床応用
ロシュ・ダイアグノスティクス株式会社 製品学術部バイオサイエンス課
 松田悦利
進化する無細胞タンパク質合成システム
−RTS技術の概略とその応用
株式会社
 プロテイン・エクスプレス
銚子ラボ 主任研究員
 恵比須省吾
第8回  平成15年11月18日(火)
株式会社セルフリーサイエンス 代表取締役社長
 名取幸和
無細胞タンパク合成系を活用した創薬・創酵素の革新
理科研株式会社 開発企画室室長
 伊藤 徹
FTMSを用いた非標的メタボローム解析
国立医薬品食品衛生研究所 筑波薬用植物栽培試験場
 渕野裕之
南米産薬用植物からの抗リーシュマニア剤の研究について
株式会社アドバンジェン 事業開発本部
第二開発本部部長
 浅田眞弘
糖鎖修飾したFGFによる医薬品開発
第7回  平成15年8月26日(火)
大阪大学医学部
 医学系研究科
社会環境医学 教授
 竹田潤二
移動する遺伝子、トランスポゾン、による遺伝子改変マウス作製法の開発
セレスター・レキシコ・サイエンシズ株式会社 代表取締役
 土居洋文
大規模in situ hybridization技術とその応用のご紹介
国立医薬品食品衛生研究所 代謝生化学部
 井上和秀
モルフィン抵抗性の神経因性疼痛制御に関与する新しい受容体分子:ATP受容体
株式会社ファルマデザイン 代表取締役社長
 古谷利夫
構造バイオインフォマティクスによる創薬ターゲット探索から創薬分子デザインまで
第6回  平成15年5月21日(水)
株式会社医薬分子設計研究所 代表取締役社長
  板井昭子
生物情報戦略プラットホームKeyMolnetについて
Genzyme Corporation Vice President,
Clinical Research
 Ralph A. Kelly
Inducing a Robust and Durable Response to Tissue Ischemia:HIF-1alpha and Therapeutic Angiogenesis
ステムセルサイエンス株式会社 代表取締役社長
 中島憲三
細胞移植治療とその基盤技術の創薬への応用
東京大学大学院 新領域創成科学研究科
 講師  鈴木 勉
転写合成siRNAの事業化と展開
第5回  平成15年2月18日(火)
ゾイジーン株式会社 取締役  三津家正之 遺伝子/蛋白のIP・総合技術によるリード創出
慶應義塾大学医学部 外科学教室 講師
 上田政和
B型肝炎ウイルスエンベロープタンパク粒子によるピンポイントターゲッチングとヒト生理活性物質のみから構成された第2世代遺伝子組換え医薬品
東北大学加齢医学研究所 所長  帯刀益夫 トランスジェニックマウス、ラットを用いた生体機能保持細胞株の不死化とその医薬品開発への利用
Pacific Edge
 Biotechnology Ltd
Chief Executive Officer
 Davis Farmer
Research Director
 Parry Guilford
PEBL's discovery on gene profiling of cancer
第4回  平成14年11月19日(火)
株式会社アムサイト 代表取締役
 後藤光昭
小型魚類を用いた評価系アプリケーションの開発と応用
株式会社アフェニックス 取締役 研究開発部長
 嶋 秀明
SGビーズによるレセプターハンティング
ジェノダイブファーマ株式会社 代表取締役
 猪子英俊
マイクロサテライトによる
疾患関連遺伝子/創薬ターゲットの探索
第3回  平成14年8月27日(火)
株式会社ジェンコム 取締役社長  小林利克
研究開発部長  仁木 保
RNAi技術を利用した遺伝子機能解析・遺伝子改変動物作出などの開発、今後のビジネス展開
皮膚科上田説子クリニック 院長  上田説子 皮膚組織を新生させるケミカルピーリング剤の発明
−肌の若返り、ニキビ治療への画期的効果−
株式会社ケムジェネシス 開発本部マネージャー
 町田一浩
コンピュータ制御自動液相合成装置の開発
奈良先端科学技術
  大学院大学
バイオサイエンス研究科 教授
 加藤菊也
遺伝子発現プロファイル解析技術
第2回  平成14年 5月21日(火)
株式会社アドジーン 社長 大島譲二 DNAパターン認識法による高速DNA解析技術
−ポストDNAチップ、"液相DNAチップ"の実現−
株式会社ニッポンジーンテク 取締役  杉 正人 RNA鎖を利用した転写シークエンス法の開発と応用
ユニーテック株式会社  新井恵里子 遺伝子発現解析とゲノム創薬に向けた
試験内容について
オンコセラピー・サイエンス株式会社 代表取締役
 中鶴修一
癌治療のseedsとなる新しい分子標的の単離
−分子標的治療薬の開発に向けて−
第1回  平成14年 3月18日(月)
東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 教授
 宮野 悟
GNIのビジネス
−遺伝子ネットワークの情報開発とその応用−
株式会社ジーエヌアイ 代表取締役社長
 Christopher J. Savoie
株式会社丸和栄養食品 常務取締役
 伊中浩治
タンパク質の迅速立体構造解析技術と新規機能性物質の開発
ナノキャリア株式会社 代表取締役社長
 中冨一郎
バイオとナノテクの融合について


バイオインターフェースのご案内へ